ようやく開場する「豊洲新市場」の3つの難題

ようやく開場する「豊洲新市場」の3つの難題

10月11日に開場する豊洲市場。ようやく開業にこぎ着けたが、課題は山積している(撮影:尾形文繁)

日本最大の中央卸売市場である東京都の築地市場が10月6日に最終営業日を迎え、移転先の豊洲市場が11日に開場する。7日からの4日間で約900に上る関係事業者の引っ越しが一斉に行われる。豊洲市場開場と同時に、都は築地市場の解体工事に着手する予定だ(築地場外市場はそのまま営業を継続)。

1935年の開場以来、83年を経過した築地市場は、過密・狭隘・老朽化の度を増し、物流や品質管理などの市場機能を維持していくうえで限界が指摘されてきた。

豊洲市場は、生鮮品の低温物流(コールドチェーン)に対応した閉鎖型構造であり、屋根と柱だけで壁のない開放型の築地市場に比べ高温・風雨の影響を受けにくい。また、築地市場の1.7倍(約40万平方メートル)の敷地面積を持ち、売り場のすぐ近くに駐車場や荷さばき場を確保するなど、効率的な物流・品質管理を実現する最新鋭の水産・青果市場という触れ込みで整備されたものだ。総投資額は土壌汚染対策を含め約6000億円に上った。

■「過去のことは水に流して前を向きたい」

「都庁移転のときも大変な騒ぎだったが、その何十倍の騒ぎになったのがこの市場移転。やっとここまできた。過去のことは水に流して前を向いていきたい」(豊洲市場のある江東区の山崎孝明区長)。「今、ようやくここにたどり着いた。これで堂々と大手を振って、この市場に入っていくことができる」(伊藤裕康・築地市場協会会長、東京都水産物卸売業者協会会長)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)