金儲けがうまい人に知ってほしい「伝説の講演」

金儲けがうまい人に知ってほしい「伝説の講演」

莫大にお金を儲けられるのは才能を持っている限られた人だけに(写真:bee/PIXTA)

1894年、今から100年以上前、明治時代のとある夏の日、日本を代表する思想家・内村鑑三が当時の若者を集めて講演を行いました。後に『後世への最大遺物』というタイトルで本としてまとめられたこの講演は、今も読みつがれ、星野佳路氏(星野リゾート代表)やアフガニスタンで人道支援を続けていた故・中村哲医師ら多くの人に影響を与えています。

内村がこの講演で語ったのは、「死ぬときに何をのこすべきか」ということ。意外にも内村は、第一にのこすべきものはお金であり、第二には事業であると語ります。キリスト教徒でもある内村が第一に語ったのはなぜお金なのか? そして誰もがのこせる自分だけの価値のあるものとは何か?

「お金を忌避する人に知ってほしい『伝説の講演』」(2021年3月10日配信)に続いて、100年以上前の名著を現代語に読みやすくし、佐藤優氏が解説を加えた新刊『人生、何を成したかよりどう生きるか』より一部を抜粋しお届けします。

■実業家が何人いても日本の役に立たない

事業をするのに、清らかな目的をもって財産をつくる人が出てこなければ、私たちの国に、本当の実業家がいないのと同じです。こういう目的の実業家でなければ、実業家が何人いても、国のためにはなりません。

憲法(大日本帝国憲法のこと)発布の際に貧困者200人に1万円……1人あたり、せいぜい50銭か60銭くらいのお金を配った人もいたようですが、そんな中途半端な慈善はしない方がかえっていいくらいです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)