意外と知らない「花粉症」の原因と最新対策

意外と知らない「花粉症」の原因と最新対策

日本人の4人に1人が罹患している花粉症。今回はそんな花粉症との付き合い方を改めてお伝えしていきます(写真:GrandJete/PIXTA)

花粉症は、現在日本人の4人に1人が罹患(りかん)している国民病のひとつです。この時期は少し買い物に出かけただけで1日中涙や鼻水が止まらない、またはずっと鼻や目がかゆく仕事に集中できずに、つらい思いをされている方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな花粉症との付き合い方を改めてお伝えできればと思っています。

■花粉症の原因・症状は?

花粉症はアレルギー性鼻炎のひとつであり、スギなら春、ブタクサなら秋と発症の季節が限定されるため、ダニ・ハウスダストなど通年性のものと比較して「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれます。

原因は親のアレルギー体質を受け継ぐことや長期間にわたって花粉を吸い込むこと、つまり遺伝と環境の両方が関わっていると言われていますが、まだ解明はされていません。

症状はくしゃみ、鼻詰まり、鼻水に加え、目や鼻のかゆみが特徴的です。症状が重いと頭痛や不眠のほか、耳や喉のかゆみを引き起こす場合もあります。くしゃみや鼻水は風邪の症状とも似ていますが、風邪では粘り気のある黄色・黄緑がかった鼻水が、花粉症ではサラサラした透明で水のような鼻水が出ることが区別のポイントです。

これらの症状は、吸い込んだ花粉を異物(=抗原)と認識した体内の免疫が過剰に反応し、アレルギー誘発物質が体内に放出された結果として起こります。従って、花粉症の治療には、身体にとっての異物である花粉と接する時間を極力短くすること、または薬などで体内の免疫を落ち着かせることが重要となります。

花粉症であれば花粉と接する機会を避ける、というのはごく当たり前のようですが、これは「抗原回避」と呼ばれ、さまざまなアレルギー性疾患の治療に用いられる用語です。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)