伝説の思想家が説いた「思想を残す」という重み

伝説の思想家が説いた「思想を残す」という重み

無名の学者が書いた、たった1冊の本が革命につながった理由とは(写真:traveler1116/iStock)

1894年、今から100年以上前、明治時代のとある夏の日、日本を代表する思想家・内村鑑三が当時の若者を集めて講演を行った。後に『後世への最大遺物』というタイトルで本としてまとめられたこの講演は、今も読みつがれ、星野佳路氏(星野リゾート代表)やアフガニスタンで人道支援を続けていた故・中村哲医師ら多くの人に影響を与えている。

内村がこの講演で語ったのは、「死ぬときに何をのこすべきか」ということ。意外にも内村は、第1にのこすべきものはお金であり、第2には事業であると語ります。キリスト教徒でもある内村が第1に語ったのはなぜお金なのか? そして誰もがのこせる自分だけの価値のあるものとは何か? 

「お金を忌避する人に知ってほしい『伝説の講演』」(2021年3月10日配信)、「金儲けがうまい人に知ってほしい『伝説の講演』」(3月17日配信)に続いて、100年以上前の名著を現代語に読みやすくし、佐藤優氏が解説を加えた新刊『人生、何を成したかよりどう生きるか』より一部を抜粋しお届けします。

■事業を行ったかどうかで人の評価はできない

昨夜は後世に遺すべきものについて、第1にお金の話をし、次に事業の話をしました。

では、財産を築く才能も、それを有効に使う才能も、事業を興す才能も、事業をするための社会的地位もない場合、私たちは何をすればいいのでしょうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)