広島カープ「チケット争奪戦」今年は異変のワケ

広島カープ「チケット争奪戦」今年は異変のワケ

今から約2年前の2019年2月25日、チケット購入に必要な整理券を獲得する抽選券を求め、5万人超がマツダスタジアムに殺到した(写真提供:ひろスポ!)

3月26日、プロ野球の公式戦が開幕した。例年、1月下旬にチケットの発売スケジュールが公表され、2月下旬から販売が開始されるのだが、今シーズンは新型コロナ禍の影響で、販売スケジュールの告知が3月にずれ込んだ球団が12球団中7球団に上った。

2月中に告知した5球団も、当初は5000枚を発売し、自治体からの制限要請が緩和されると1万枚まで追加販売するなど、状況の変化とともに販売スケジュールを何度も見直している。

売りに出すカードも小刻みで、発売日の直前にならないと告知しないなど、異常な状態が続いている。中でも読売巨人軍は3月10日にシーズンシートチケットのみ観戦有効とし、一般指定席券の販売を当面見送ることを告知。

12球団中唯一、ファンクラブ会員すらチケットが買えない状態が続いていたが、3月26日から4月15日までの9試合分のチケットを、3月23日から順次先行販売することを前日の3月22日になってようやく告知した。

プロ野球のチケット売り出し時期は、コロナ前までは12球団中10球団がゲーム開催日前月の初旬。広島東洋カープと阪神タイガースだけが他の10球団とは異なり、開幕前にそのシーズンの全試合分を一気に売り出す方法を採ってきた。

今シーズンはタイガースが全試合分の一挙発売をとりやめる中、カープは3月9日、例年どおりシーズン全試合分のチケットを売り出した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)