「ワクチンはいつ届くのか」医療現場の悲痛な声

「ワクチンはいつ届くのか」医療現場の悲痛な声

日本の新型コロナワクチン接種は世界に比べてなぜ遅れているのでしょうか。写真は4月1日、韓国・高陽市でのワクチン接種の様子(写真:ブルームバーグ)

ワクチンが医療従事者に届かない。4月半ばには高齢者への接種開始も予定されているというのに、本当に間に合うのか。それが今の日本の医療現場の素朴な、しかし切実な疑問だ。

厚労省の発表によれば、国内では4月2日までに109万6698回の接種が行われたという。医療従事者だけでも480万人いるというのに、単純計算でもいまだ4分の1しかカバーできていない(2回接種なので実際にはもっと少ない)。

ナビタスクリニックも順番待ちをしている医療機関の1つだ。新型コロナワクチン接種の実施機関として手を挙げ、PCR検査も行っており、スタッフへの接種は必須だ。だが行政からの連絡はまだない。皆丸腰で、日々診療を続けている。

■世界中でワクチンの争奪戦が起きている

早くから懸念されていた通り、世界中で新型コロナワクチンの争奪戦が起きている。

英国NPOの統計サイト「Our World in Data」のデータ(3月27日付)によれば、世界全体ではこれまでに累計約5億4105万回の接種が行われた。内訳では上位からアメリカが約1.4億回、中国が約1億回、英国が約3302万回(3月26日時点)、ブラジル約1752万回、インドネシア約1043万回となっている。

世界に先駆けて英国で接種が開始されたのが昨年12月のこと。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)