50代で「定年前転職」を選んだ人の切実な本音

50代で「定年前転職」を選んだ人の切実な本音

"定年前転職"選んだ人の本音

50代で「定年前転職」を選んだ人の切実な本音

「定年70歳時代」が到来、「老後レス」をどう働きながら生きていくのか──(写真:プラナ/PIXTA)

この4月1日から、「70歳まで働く機会の確保」を企業の努力義務とする改正高年齢者雇用安定法などの関連法が施行されました。現在の65歳を5年延長した「定年70歳時代」の到来です。多くの勤め人にとって「老後の始まり」でもある定年が70歳に──。ますます「老後」が遠ざかり、私たちは「老後レス」を生きることになります。

それでも、あえて積極的に「老後レス」と向き合う人たちがいます。定年前に転職を決断した中高年(シニア)たちです。朝日新聞特別取材班の『老後レス社会 死ぬまで働かないと生活できない時代』から、そんな彼らの働き方と生き方を紹介します。
(本記事で言う「高齢者」は65歳以上を指します。また登場する人物の年齢は取材時点のものです)

■波平さんは何歳か

現在の法律は企業に対し、@定年廃止、A定年延長、B再雇用などによって、従業員が65歳まで働ける機会を作ることを義務づけています。今回の改正法は、努力義務ではありますが、これを70歳まで延長するものです。現在の3つの対応に加え、@別の会社への再就職、Aフリーランス契約への資金提供、B起業の後押し、C社会貢献活動への参加支援の4つも選択肢として認めます。

定年と言えば、かつては55歳でした。それが60歳になり、65歳に引き上げられ、ついに70歳に達してしまいました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×