就活生が感じた「学歴フィルター」の不条理

就活生が感じた「学歴フィルター」の不条理

"学歴フィルター"に学生不信

就活生が感じた「学歴フィルター」の不条理

就活中に「学歴フィルター」の存在を感じる学生は多い(写真:Takigami Tomoaki/PIXTA)

就活に関する学生アンケートを読むと、大人に対する不信感に気付く。例えば、面接官の横柄な態度、無遠慮な質問は嫌われる。そして、明らかな選考差別としてあげられるのが学歴フィルターだ。

すんなりとインターンシップ、会社説明会、面接という選考プロセスに進める学生もいれば、進めない学生もいる。その原因は大学ブランド。学歴によって選別されていることから、「学歴フィルター」という名称が使われている。

■半数の学生が「ある」と感じる

学歴フィルターに関する証言を検証してみよう。使用するのは、HR総研が昨年6月に楽天グループ「みん就」と共同で行ったアンケート調査だ。2021年卒業予定の就活生に「企業の学歴フィルターを感じたことがあるか」を聞いたところ、約半数(文系51%、理系43%)があると回答している。理系では4割強にとどまっている。

学歴フィルターについては過去にも取り上げたことがある。2017年9月7日付記事「『学歴フィルター』で振るい落とす採用事情」では、2018年卒学生を対象にした調査を紹介しており、このときは全体の55%が、学歴フィルターを感じたことが「ある」と回答している。今回は2021年卒学生を対象にしており、「ある」という回答は微減しているが、本当に減っているかどうかははっきりしない。コロナ禍の影響があったからだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)