漫画「進撃の巨人」完結で知る担当編集者の秘話

漫画「進撃の巨人」完結で知る担当編集者の秘話

4月9日発売の『別冊少年マガジン』5月号で遂に完結する漫画『進撃の巨人』(出所:講談社)

「誰にも文句を言わせないネームだと思います」

漫画『進撃の巨人』の最終回ネームを作者、諫山創から受け取った際、川窪慎太郎は心に浮かんだ率直な感想を伝えた。連載当初から担当編集を務める川窪と諫山との二人三脚でお互いの人生を懸けて挑んだ作品が、ついに完結を迎える。

「よく描き切ったなって感じです。諫山さんがどう思っているのかはわかりませんが、担当編集者としてやり残したことはない。心残りや、もっとこうできたなど、そんな気持ちは1ミリもないですね。少なくともやれることは全部やった気がします」

『進撃の巨人』は、2009年9月より『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の漫画だ。「壁」の中で暮らす人類が、人を捕食する巨人相手に絶望的な戦いを強いられる「ダークファンタジー」。世界累計発行部数は1億部を突破。アニメや日本国内での実写映画、ビデオゲームなどにも展開を拡げ、ハリウッドでの実写化も決定している。

そんな『進撃の巨人』は、2021年4月9日発売の『別冊少年マガジン』5月号で遂に完結する。

■『進撃の巨人』は運命の電話から誕生した

『進撃の巨人』が誕生に至るきっかけは、今から15年前の2006年の夏。諫山からの漫画持ち込みの電話を、講談社に入社したばかりの川窪が取ったことだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)