新駅設置に路線延伸、地方鉄道「元気の秘訣」

新駅設置に路線延伸、地方鉄道「元気の秘訣」

ひたちなか海浜鉄道で人気のキハ205形(筆者撮影)

全国の鉄道会社が輸送人員を減らす中、茨城県を走るひたちなか海浜鉄道湊線が元気だ。コロナ渦の影響を受けつつも、3月13日に新駅「美乃浜学園駅」を開業させた。

そして、1月15日に湊線の3.1km延伸も決定し、2024年開業に向けて動き出している。コロナ渦で元気がない中で、なぜひたちなか海浜鉄道は元気なのか。吉田千秋社長に話を聞いた。

――コロナ渦で鉄道に明るい話が少ない中で、ひたちなか海浜鉄道湊線の延伸が決まりました。美乃浜学園駅も開業しましたね。かつて廃線の危機にあった路線が、全体として輸送人員を伸ばし、新駅や路線延伸に結び付いたのは驚異的です。秘訣はあるのでしょうか。

日本の人口自体が減少していますから、全体としての鉄道利用人員が減るのはしかたないと思います。でも地方鉄道は経営努力の余地があると感じます。湊線には”伸びしろ”が多くあり、そこを突けたのが大きいと感じます。

■キーマンがいると違う

――湊線の活性化に行政がはたした役割は?

市長の「鉄道を残す」という姿勢にブレがありませんでした。銀行が茨城交通に「不採算部門を切り捨てなければ融資不可」と要求していたとき、市長が銀行に直談判したのです。キーマンがいると違うと思います。

――伸びしろとは、おさかな市場、アクアワールド、国営ひたち海浜公園といった観光資源でしょうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×