FCVで世界トップ3目指す中国「長城汽車」の野望

FCVで世界トップ3目指す中国「長城汽車」の野望

長城汽車によるFCVの企業戦略発表(写真は同社ウェブサイトより)

中国の中堅自動車メーカーである長城汽車は3月29日、燃料電池車(FCV)に関する企業戦略を発表し、SUVタイプの同社初のFCVを2021年末までに発売すると明らかにした。

FCVは「新エネルギー自動車」の一種で、水素と酸素の化学反応により発生した電気エネルギーでモーターを駆動する。排出するのは水だけで、二酸化炭素(CO2)や有毒ガスを出さない。水素の補給時間はガソリンの補給時間とほぼ等しく、航続距離は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)に勝っている。

(訳注:新エネルギー自動車は中国独自の定義で、EV、FCV、PHVの3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

しかし、水素は爆発の危険がある取り扱いが難しいエネルギーであり、FCVの普及のために新たな燃料供給インフラを整備するのは容易なことではない。

長城汽車ではFCV技術の研究開発を乗用車と商用車の2種並行で進めている。同社董事長(会長に相当)の魏建軍氏によると、FCVの技術は中型から大型の乗用車に適しているという。

「同じSUVタイプで比較すれば、FCVは製品の製造から廃棄にいたるまでの環境負荷を表すライフサイクルアセスメント(LCA)の面でEVに勝り、安全性と巡航距離の面でも優れている」。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×