英豪系の鉱山開発大手が中国企業に寄せる期待

英豪系の鉱山開発大手が中国企業に寄せる期待

ギニア内陸部にあるシマンドゥ鉱山の開発は、鉱石の輸送インフラの建設がカギを握る(写真はギニア鉱山地質省のウェブサイトより)

「当社は中国のパートナーとともに、この世界トップクラスの資源開発をぜひ推進したい。もし実現できれば、このうえなくすばらしいことだ」

英豪系の資源大手、リオ・ティントのヤコブ・スタウショーンCEO(最高経営責任者)は3月24日、財新記者との単独インタビューに応じてそう語った。

スタウショーン氏の言う「世界トップクラスの資源開発」とは、アフリカのギニアにあるシマンドゥ鉄鉱石鉱山のことだ。未開発の鉄鉱石鉱山としては世界最大級の埋蔵量と高品質を誇り、推定埋蔵量は約100億トン、鉱石の鉄含有率は平均65.5%に上る。

シマンドゥ鉱山が全面稼働した暁には、鉄鉱石の年間産出量は現在の世界産出量の5〜7%に相当する1億〜1億5000万トンに達すると予想されている。しかも、採掘コストは1トン当たり平均35〜45ドル(約3838〜4935円)と高い競争力が見込まれ、供給と価格の両面から国際市場にインパクトを与える新勢力となるのが確実だ。

■インフラ建設の利害調整が難題

しかしスタウショーン氏は、「シマンドゥの開発は容易ではない」と指摘する。ギニア政府は、鉱山の開発権を複数の企業により組成された2つのコンソーシアムに与えている。開発を推進するには、鉄鉱石を運び出すための共通の輸送インフラを両コンソーシアムが協力して建設する必要があるが、そのための利害調整が複雑を極めるからだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×