神戸・神出病院、凄惨な虐待事件から見えた難題

神戸・神出病院、凄惨な虐待事件から見えた難題

高い石壁に囲まれ要塞のような外観の神出病院。訪問者をサーチライトが照らし出す(記者撮影)

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は日本中で400万人を超えている。そして精神病床への入院患者数は約28万人、精神病床は約34万床あり、世界の5分の1を占めるとされる(数字は2017年時点)。人口当たりで見ても世界でダントツに多いことを背景として、現場では長期入院や身体拘束など人権上の問題が山積している。日本の精神医療の抱える現実をレポートする連載の第12回。

神戸市の中心街から、電車とバスを乗り継いでおよそ1時間半。さらに最寄りのバス停から約1キロメートル歩くと、見渡す限りの田園風景の中に異質な、要塞のような巨大な建物が眼前に現れる。

465床の入院施設を持つ大型精神科病院「神出(かんで)病院」(神戸市西区)だ。

正門回りの高い石壁には「関係者以外立入禁止」の札が掲げられ、サーチライトのついた監視カメラが訪問者に向けられる。開閉式の鉄門の上部には槍のようなオブジェが付されており、また広大な病院敷地を取り囲むフェンスにも、一部に鉄条網が張られていた。



正門前に隣接する売店には、複数の看護師に引率された5〜6人の中高年の男性入院患者が、まるで隊列を組んで行進するかのように訪れ、手早く買い物を済ませると、また行進して院内へと消えていった。近隣の住民や医療関係者によれば、病院と地域との交流は乏しいという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×