中国で相次ぐ「書店閉店」でも希望の光がある訳

中国で相次ぐ「書店閉店」でも希望の光がある訳

中国では書店の閉店が相次ぐ一方、新たなビジネスモデルが模索されている(写真は誠品書店の蘇州の店舗)

映画館やレストランなどと同様、現実の店舗を構えるリアル書店の経営は、新型コロナウイルスの感染拡大で手痛い打撃を被った。3月30日に北京で開催された書店関係者向けフォーラムの報告書によれば、調査対象の書店の経営母体296社のうち、2020年に売上高が前年より減少した法人が70.27%を占め、そのうち110社は売り上げの減少率が20%を超えた。

一方、売り上げが増加した経営母体も82社あったが、前年比で5%以上増えたケースは30社だけだった。(国営の書店である)新華書店の系列チェーン、民営の書店チェーン、個人経営が中心の独立系書店の3分類で比較すると、とくに独立系書店の売り上げ減は顕著で、163社のうち半数以上が20%を超える減少となった。

この1年に相次いだ書店閉店のニュースは、中国の読書ファンを失望させてきた。最近では台湾系の大型書店チェーンである誠品書店の深?店が、2020年12月31日に閉店した。同店の2019年の赤字は652万元(約1億890万円)まで膨らみ、経営を圧迫したのがその理由だ。冒頭のフォーラムの報告書によれば、2020年に中国国内で閉店した書店の店舗数は1573店に及ぶ。

しかしながら、中国で書店経営の情熱が消えたわけではない。同じく報告書によれば、2020年に新たにオープンした店舗数は4061店に上り、閉店数をはるかに上回っている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×