「ウルトラQ」に2021年の中高年がハマる理由

「ウルトラQ」に2021年の中高年がハマる理由

『ウルトラQ』のタイトル(画像はHDデータ版のもの)?円谷プロ

最近の月曜夜の密かな愉(たの)しみは、NHK BSプレミアムで放送が始まった『ウルトラQ 4Kリマスター版』を見ることである。

宣伝が十分じゃないせいか、世の中的に、それほど盛り上がっている感じはないのだが、その分、いかにも「密かな愉しみ」という感じで、ツイッターなどを見ていても、私と同じような中高年層が、この番組を愉しんでいる感じが伝わってくる。

というわけで今回は、一種の「先物買い」という感じで、『ウルトラQ 4Kリマスター版』の魅力を考えてみたい。この記事が、番組の盛り上がりに、少しでも貢献できればうれしい。

■後の「ウルトラシリーズ」との違い

『ウルトラQ』の本放送が始まったのは、1966年(昭和41年)のこと。不肖、私も同年の生まれであり「同級生」ということになる。東京オリンピックの2年後、ビートルズが来日した、高度経済成長の真っただ中の放送だった。

言うまでもなく、その後の『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』(こちらも「4Kリマスター」で放送中)……と続いていく「ウルトラシリーズ」の第1作なのだが、正直、知名度や浸透度は、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』などに劣る。

後の「ウルトラシリーズ」との大きな違いは、怪獣をやっつけるヒーローが不在なこと。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×