「怒りっぽい子ども」が増加している悲しい事情

「怒りっぽい子ども」が増加している悲しい事情

コロナで「不機嫌になる子ども」が増えている(写真:Fast&Slow/PIXTA)

コロナ禍によって、子どものフラストレーションがたまっている。

「国立成育医療研究センター」(世田谷区)による、0歳から高校3年生までの子ども・保護者を対象とした「コロナ×こどもアンケート」によると、15〜30%の子どもに中等度以上の「うつ症状」の傾向がみられたという。

同調査は、コロナ禍以降4回にわたって行われ、直近の2020年11〜12月に実施したアンケートでは、回答した小学4〜6年生の15%、中学生の24%、高校生の30%に、中等度以上のうつ症状がある――ことに加え、その保護者の29%にも中等度以上のうつ症状がみられたと報告している。

■子どもの相談が「以前の4倍」に

「当院でも中高生の子どもの相談がとても増えています。ここ3ヵ月で、以前の4倍ほどの急増です」と語るのは、うつ病のカウンセリングや依存症の認知行動療法を専門とするライフサポートクリニック(豊島区)の山下悠毅氏。

同クリニックは、基本的に成人を対象としているのだが、依存症を専門に取り扱うため、保護者が「ゲーム依存症になっているのではないか?」などの不安を覚え、親子で来院するそうだ。切羽詰まっている、そんな保護者が少なくないという。

実は、昨年9月に実施された「新型コロナウイルス感染症に係るメンタルヘルスに関する調査」(厚生労働省)において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と比べた変化の項で、約2割が「ゲーム時間が増加した」と回答している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×