「福知山線脱線事故」16年後の「経営効率と安全」

「福知山線脱線事故」16年後の「経営効率と安全」

福知山線脱線から16年の現状

「福知山線脱線事故」16年後の「経営効率と安全」

4月14日、大阪・梅田のJR西日本本社で定例記者会見に臨む長谷川一明社長(撮影:松本創)

運転士を含む死者107人、負傷者562人を出した2005年の福知山線脱線事故から今日で16年を迎えた。「事故を心に刻み、風化させない」「安全最優先の組織風土に」と唱えるJR西日本はしかし、新型コロナ禍により、未曽有の経営危機に見舞われている。反省と教訓は生かされているのか。遺族の願う「事故の社会化」は進んでいるのか。

このたび新潮文庫から刊行された『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』の著者・松本創氏が、JR史上最悪の事故を起こした加害企業の今をレポートする。

■コロナ禍で苦境にあえぐJR西日本

淡々と数字を読み上げ、短くコメントする言葉に、未曽有の苦境と先の見えない焦りがにじんでいた。4月14日、大阪・梅田のJR西日本本社で行われた長谷川一明社長の定例会見。いつものように冒頭で、直近の営業・輸送概況が発表された。

今年3月の利用状況は、新型コロナ禍前の前々年比で山陽新幹線42%、北陸新幹線40%、在来線特急35%、近畿圏在来線72%。2月以降、緩やかな回復傾向にあったというが、大阪圏の感染急拡大で、また減少へと転じた。

「昨年秋に2021年3月末の業績予想を発表した時点では、ワクチン接種が進み、山陽新幹線で6割程度まで回復することを見込んでいたが、残念ながらそのレベルには及んでいない」

ワクチン接種が進んでいるはずだという楽観的な予想でも、21年度の最終赤字は民営化後最大の2400億円まで膨らむと同社は見込んでいた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×