「学校にカネを積む人」を笑えない親たちの実態

「学校にカネを積む人」を笑えない親たちの実態

加熱するばかりの教育熱。いったいどうなっていくのでしょうか? (写真はシンガポールの住宅地。筆者撮影)

■全米に衝撃をもたらした大学不正問題

3月、Netflixで「バーシティ・ブルース作戦:裏口入学スキャンダル」というドキュメンタリー映画が公開された。2019年に明るみに出たアメリカでの大学不正入学事件の関係者の証言と再現ドラマを組み合わせたものだ。

この事件は、ウィリアム・シンガーという大学受験カウンセラーが、俳優や経営者などのセレブ親に持ちかけて、子ども1人当たり1000万円〜3億円弱の多額の金銭を寄付扱いで受け取ったかわりに、プレーしたこともないスポーツの選手に見せかけたり、SAT等の点数を受けた子ども本人にわからないような形で捏造したりして子どもを有名大学に入学させていた事件。

イエール大学、スタンフォード大学、南カリフォルニア大学(USC)、ジョージタウン大学などの有名大学を舞台に、テレビドラマ「デスパレートな妻たち」などへの出演で知られる女優フェリシティ・ハフマン、「フルハウス」のロリ・ロックリンら有名人を含む33人もの親が逮捕されたことから大きな話題となった。

実はアメリカでは膨大な額の寄付を積んで子息を大学に入れる「バック・ドア」は違法ではない。この事件では、ウィリアム・シンガーが「サイド・ドア」と呼ぶ方法で、膨大な寄付はできないが、それなりの金額を支払うことで点数やスポーツの実績等を詐称したことが問題となっただけで、SNS上ではある意味驚くことではないという反応も多かった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×