「縮小する日本市場」に中国企業が殺到する理由

「縮小する日本市場」に中国企業が殺到する理由

日本が中国ビジネスの最前線になっている……その理由とは?(写真:Anastasiia_Guseva/iStock)

今日の日本では5年前には想像できなかった光景が広がっている。

中国で最も人気のあるSF小説でアジア初のヒューゴー賞を受賞した『三体』は、日本に上陸した途端に大きな話題となり書店を賑わせた。京都の街には中国電気自動車メーカーBYDの大型電気バスが走り、若い人たちは中国の人気ゲーム「荒野行動」やショート動画アプリの「ティックトック」を楽しんでいる。タクシーを呼びたければ中国の配車アプリである「ディディ」が使え、中国火鍋「海底撈」に行けば中国式のおもてなしを体験することができる。

実は以上のような目に見えやすい消費者向けのサービスだけでなく、デジタルソリューションやクラウドサービス分野など企業向けのビジネスでも、中国テック企業の日本進出は活況を呈している。少子高齢化や人口減少の影響で市場自体が縮小する中、日本は中国ビジネスの最前線になりつつあるのだ。

『チャイナテック:中国デジタル革命の衝撃』を上梓した、趙?琳氏が、日本が中国ビジネスの最前線になっている理由を解説する。

■中国企業の海外進出戦略

振り返ってみれば、2000年代に入ってから中国政府は「走出去(海外進出)」戦略を掲げ、中国企業の海外進出を呼びかけ、国際競争力の高いグローバル企業を育てようとした。当初「走出去」戦略の主役は、国有企業を中心とするエネルギー関連会社だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×