中国の「アップルカー」目指すシャオミの野望

中国の「アップルカー」目指すシャオミの野望

中国のスマホメーカーのシャオミは自動車領域に乗り出す。写真は同社の創業者、雷軍氏(写真:筆者提供)

10年前の2011年、iPhoneに似た格安スマホを黎明期の中国市場に投入し、「中国のアップル」と熱狂的な支持を受けたシャオミ(小米科技)。似ているのは製品にとどまらず、創業者の雷軍(レイ・ジュン)CEOは、派手なパフォーマンスとカリスマ性で「中国のスティーブ・ジョブズ」と注目された。

2021年に入りアップルがEVに進出するという噂が流れ始めると、シャオミの参入計画も浮上。雷CEOは3月30日、新スマホ発表会で自動車製造参入を正式に発表した。後発ながら値ごろな価格と優れたマーケティングでスマホ市場では世界4位に成長したシャオミ。その成功体験はEVでも達成できるのだろうか。

■10年で1兆円超投資計画

プレスリリースや雷CEOの発表によると、シャオミは100億元(約1660億円)を投じてスマートEVメーカーを手掛ける全額出資子会社を設立する。今後10年で100億ドル(約1兆800億円)を投資し、最初の量産車を2024年に発売する計画だ。

テスラが2019年12月に上海工場を稼働し、「モデル3」を従来より低価格で供給し始めたのを機に、中国は第2次EVブームに沸いている。モデル3は、コロナ禍を脱した中国で売れに売れ、同社の時価総額は2020年の1年間で7倍に膨らんだ。テスラにつられるように、2018年にニューヨークで上場した蔚来汽車(NIO)も販売が伸び始め、資金繰りに苦戦していた理想汽車、小鵬汽車も一気にアメリカで上場した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×