「期待なし」が巨大ビルへ、名古屋駅の大発展史

「期待なし」が巨大ビルへ、名古屋駅の大発展史

ツインタワーがそびえたつ名古屋駅(写真:PIXSTAR/PIXTA)

2021年4月16日から公開された人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』には、東京―名古屋間で建設が進む中央リニア新幹線を彷彿とさせる「真空超電導リニア」が登場する。劇中で真空超電導リニアが発着するのは新名古屋駅という架空の駅だが、新名古屋駅は2005年に名鉄名古屋駅へと改称されるまで名古屋鉄道の駅名として実在していた。

名古屋は東京・大阪と並ぶ3大都市に数えられる。トヨタ自動車といった世界に名だたる企業を擁していることから日本経済界での存在感も大きい。その玄関となるのが名古屋駅だ。新幹線をはじめ、東海道本線や中央本線、関西本線などのJR各線、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)、名古屋市営地下鉄などが名古屋駅から発着する。厳密には名古屋駅とは異なるが、近畿日本鉄道の近鉄名古屋駅や名古屋鉄道の名鉄名古屋駅も同一の駅といって差し支えない。

■明治版「名古屋飛ばし」

名古屋駅は名古屋市のみならず中京圏の発展に大きく寄与してきた。しかし、明治初期は政府から期待されておらず、明治版“名古屋飛ばし”ともいえるような計画が進められていた。

1872年に新橋(後の汐留)駅−横浜(現・桜木町)駅間が開業し、1874年には神戸駅―大阪駅間が開業する。その後、1876年には京都府の向日町駅まで線路が延伸。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×