「ワクチン敗戦国」日本が絶望的に後れる惨状

「ワクチン敗戦国」日本が絶望的に後れる惨状

あのアメリカですら感染者数が激減しているのに……(写真:Mark Kauzlarich/Bloomberg)

昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第42回。

ワクチン接種が進展している国で、感染者数が劇的に減少している。

イスラエルでは、正常な生活が始まっている。イギリスも、感染者が大幅に減少し、夏頃の経済正常化を目指している。アメリカでは、集団免疫の獲得が可能という。国家の強権でなく、科学の力によってコロナを克服できる希望が見えてきた。

しかし、日本では、ワクチンの接種は遅々として進まない。高齢者にかぎっても、完了は来春との見方が示されている。

世界が正常化に向かう中で、日本が取り残される危険がある。

■ワクチン接種が進む国で感染者が劇減

われわれはついこの間まで、つぎのように考えていた。 

欧米では、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。とくに、変異株によってその傾向が強まっている。それに対して日本では、理由ははっきりしないが、感染者の数は欧米諸国に比べて桁違いに少ない。不幸中の幸いだ。

しかし、この状況は、この数カ月間で一変してしまった。

日本ではいま感染爆発が始まっている。そして、これは、日本に限らず世界共通のことだと考えている人が、日本には多い。

しかし事実はまったく異なる。

ワクチン接種がスムーズに進んでいる国では、感染者数が劇的に減少しているのだ。

その典型が、イスラエル、イギリス、そしてアメリカだ。これらの国では、昨年12月からワクチンの接種が始まっている。

日本とイスラエルを対比すると、ワクチン接種状況の違いが、恐ろしいほど明確に表れている。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)

×