「ホテル空白地帯」渋谷は東急開業で変わるか

「ホテル空白地帯」渋谷は東急開業で変わるか

広々としたスーペリアコーナーツインでは渋谷の夜景が楽しめる(写真:東急ホテルズ)

渋谷駅周辺で東急電鉄が中心となって進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトのうち、東横線地下化後の旧地上ホーム跡地などを利用した「渋谷ストリーム」が9月13日に開業した。

■注目の渋谷エリアで新規ホテルがオープン

渋谷ストリームといえば、2019年のグーグル日本法人の本社移転が話題になりがちだが、筆者は「ホテル空白地帯」ともいえる渋谷でのホテル新規オープンということで、「渋谷ストリームエクセルホテル東急」(以下、「ストリームエクセル」)に注目した。

運営元の東急ホテルズは、ラグジュアリークラスの「東急ホテル」、シティホテルの「エクセルホテル東急」、ビジネスホテルに該当する「東急REIホテル」の3ブランドを擁し、エクセルホテル東急ブランドでの出店は全国で9店目、渋谷ではマークシティ内にある「渋谷 エクセルホテル東急」(以下、渋谷エクセル)に次いで2店目となる。

開業当日、同ホテルに宿泊してみたが、快適なだけでなく、ユニークな取り組みも行われており宿泊それ自体を楽しめるホテルだと感じた。一方、客室数、ターゲットとする客層、ホテルフロア構成という3つの観点で“外している”と思われる部分がある。以下、この3つの観点を切り口にレポートする。

@渋谷のホテル需要を満たせない

ストリームエクセルの客室数は全177室で、内訳はシングル(20u)が25室、ダブル(23.8〜24.8u)が99室、ツイン(30〜43u)が40室、デラックスルーム(46.5〜49.8u)が13室となっている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)