新婚夫婦「6年後の幸福度」追跡でわかった真実

新婚夫婦「6年後の幸福度」追跡でわかった真実

35歳以上で結婚したカップルの5年後を追跡調査してみたら……?(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚した人を訪ね歩いている本連載。取材対象は結婚5年目ぐらいまで。つまり、「晩婚さんにして新婚さん」の話を聞き続けている。

2014年の夏に連載をスタートしたので、当初に取材させてもらった人たちとは6年以上の年月が経過した。その後はどうしているのだろうか。

昨年の春に同様の追跡企画をした際は、9人中6人が再取材に応じてくれた。5年前の幸せ度を100点としたときの現在の点数を聞いたところ、平均点は150点だった。意外と高いな、と感じたのを覚えている。彼らのさらに1年後も気になるところだが、今回は別の9人に声をかけて「6年後の晩婚さん」がどのように暮らして何を感じているのかを探ってみたい。

今年は9人中7人から回答を得られた(2人は返信なし)。幸せ度を聞いてみると、250点から95点までとバラつきがあり、平均点は155点。前回調査した6人とあまり変わらない。

この数字には2つの偏りがある。1つは、幸せを感じやすい人だけが取材に応じている可能性だ。6年前の新婚時にも言えることだし、数年たった今はなおさらだ。精神的に余裕がなければ、とくにメリットはないインタビューに2度も応じないかもしれない。その意味では、無回答だった2人の現状を知りたくなる。

もう1つの偏りは、この点数は主観的であることによる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×