会社内差別を生む「無意識バイアス」の正体

会社内差別を生む「無意識バイアス」の正体

自分で自分が持つバイアスに気づくことが重要です(撮影:梅谷秀司)

「あなたは同僚を性別で差別していますか?」。面と向かって聞かれたら、ほとんどの人は「いいえ」と答えるだろう。では、こう聞かれたら、どうだろう。「1歳の子どもがいる女性社員に海外出張の打診をしますか?」。部下が男性だった場合と女性だった場合に分けて考えてほしい。「答えに迷った」という人は、ぜひ、続きを読んでほしい。

ダイバーシティ推進、女性活躍推進を掲げる企業が増えている。人口減少社会で女性労働力に期待が集まることに加え、2015年8月に成立した女性活躍推進法の影響も大きい。しかし現実を見ると、女性管理職や役員が激増した例は、ごく珍しい。

「そこには、論理だけでは解決できないハードルがあります」。コンサルティング会社・チェンジウェーブの佐々木裕子社長は話す。佐々木氏は新卒で日本銀行、その後、マッキンゼーで勤務し、10年前に同社を設立した。これまで事業開発、海外進出、多様性推進などの「組織変革」を手掛けてきた。自己紹介の際はいつも「変革屋です」と言っている。

■データや論では「大きな石」が動かない

多くの組織変革を起こしてきた経験から、こう考えるようになった。「他分野の変革では、データや論で組織が動く割合が比較的大きい。ところが、多様性推進の分野については、データや論では大きな石が全く動かないのです」(佐々木氏)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)