人が「名門大学への入学」に執着する本当の理由

人が「名門大学への入学」に執着する本当の理由

アメリカ名門大学アイビーリーグの一角、イェール大学は2019年にアメリカを騒がせた不正入試の舞台となった(写真:Craig Warga/Bloomberg)

名門大学の体育会のコーチや試験監督を買収して、富裕層の子供を受からせる――。2019年アメリカで大きな話題となった不正入試スキャンダル。そこから見えてくる「本当の問題」とは。『実力も運のうち 能力主義は正義か?』著者でハーバード大学哲学教授のマイケル・サンデルが論じる。

■セレブたちの不正入試スキャンダル

2019年3月、高校生が大学への出願の結果を心待ちにしていたときのこと、連邦検事が驚くべき発表をした。33人の裕福な親を起訴したというのだ。イェール大学、スタンフォード大学、ジョージタウン大学、南カリフォルニア大学といった名門大学にわが子を入れるため、巧妙な不正工作に手を染めたというのがその罪状だった。

この不正入試事件の中心人物は、ウィリアム・シンガーという悪辣な受験コンサルタントだった。シンガーが営んでいたビジネスは、不安を抱える裕福な親の要望に応えるものだった。彼の会社がお手のものとしていたのが、競争の激しい大学入試システムを悪用することだ。この数十年で、こうした入試システムは成功と名声への第一関門となっていた。

一流大学が要求する輝かしい学業証明書を手にしていない生徒のために、シンガーは堕落した迂回策を考え出した──SATやACTといった標準テストの試験監督にお金をつかませ、解答用紙を書き換えることで得点を水増ししてもらうのだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×