SBホークスが「ファン目線の発信」に成功した訳

SBホークスが「ファン目線の発信」に成功した訳

なぜホークスは「女性目線」「ファン目線」の発信に成功したのか?(画像:福岡ソフトバンクホークス公式YouTubeより)

ソフトバンクホークスの「ファン目線」「女性目線」が成功したのは、ある女性の努力があったからであった。スポーツライターの喜瀬雅則氏の新書『稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス』より一部抜粋・再構成してお届けする。

ツイッター、インスタグラム、YouTube、フェイスブック。こうした「SNS」の存在が、プロ野球を「伝える方法」を激変させている。もはや、これらの「メディア」を活用すれば、誰でも、どこでも、いつでも、あらゆる内容のものが、自分の手で発信できる。

新聞が、テレビが、独占的に伝えてきた「情報」の位置づけが揺らいでいる。そして、野球という「コンテンツ」を握っている球団が、自らその情報を発信するようになってきた。2021年(令和3年)1月4日現在、ソフトバンク、ロッテ、オリックスの3球団が持つ公式アカウントでの「フォロワー数」を確認してみよう。

福岡ソフトバンク
ツイッター:100.7万、インスタグラム29.4万、YouTube14.5万
千葉ロッテ
ツイッター80.1万、インスタグラム15.8万、YouTube10.9万
オリックス
ツイッター36万、インスタグラム12.2万、YouTube4.28万

さらに、日本新聞協会調べによる「スポーツ紙の発行部数」の推移も見てみよう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)

×