沖縄で「安室奈美恵とDA PUMP」が生まれた理由

沖縄で「安室奈美恵とDA PUMP」が生まれた理由

(写真:ARL / PIXTA)

アイドルの定義を変えたSMAP、国民的アイドルになった嵐、その一方で独自のスタイルを構築したDA PUMPやEXILE、菅田将暉ら特撮ドラマ出身の俳優、K-POPアーティスト――。

新著『ニッポン男性アイドル史 一九六〇―二〇一〇年代』では、未完成の存在であるがゆえの魅力で私たちを引き付けてやまない男性アイドルの歴史を、詳細に描き出しています。

本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。

■沖縄とアイドル

「U.S.A.」(2018年)の大ヒットで奇跡的復活を果たし、再び脚光を浴びたDA PUMP。この曲もMV(ミュージックビデオ)から人気に火がついたように、ダンスが大きな魅力だった。現在は7人編成だが、オリジナルメンバーは現メンバーでもあるISSAを含めて4人。全員が沖縄出身だった。

沖縄は、数多くのアイドルを輩出してきた土地柄である。女性アイドルのパイオニア的存在である南沙織は1971年、「17才」でデビュー。天地真理、小柳ルミ子とともに「新三人娘」と呼ばれ、時代を代表するアイドルになった。

またその直後の72年には男性4人、女性1人のきょうだい5人編成のフィンガー5がデビューし、「個人授業」(1973年)、「恋のダイヤル6700」(1973年)、「学園天国」(1974年)とビッグヒットを連発してブーム的人気を巻き起こした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×