日中戦争後に日本陸軍将兵が受けた意外な対応

日中戦争後に日本陸軍将兵が受けた意外な対応

泥沼化した日中戦争。終戦後の両軍の動きについて解説します(写真:AP/アフロ)

太平洋戦争が開戦してから今年でちょうど80年。その陰に隠れがちなのが、日中戦争だ。1937年に盧溝橋で日中両軍による散発的な戦闘が始まり、その後、全面戦争へと発展。蒋介石を指導者とする中国国民政府との戦闘終結に向けた話し合いは折り合わず、泥沼の長期戦に突入した。その中で、日本が太平洋戦争を始めたことで、戦争の中心であった中国戦線は、巨大なアジア太平洋戦線の一角の地位にまで成り下がる。日本国民の関心も解決の糸口が見えない日中戦争から、アメリカに勝利することを予感させた太平洋戦争へと向けられていった。

アジア太平洋戦争で亡くなった日本将兵の数は、陸軍183万人、海軍57万人の計240万人。このうち、中国本土で死亡した人数は約46.5万人に上った。一方、1950年の復員調査によると、終戦時に戦地となっていた日本外地に残る旧日本軍の将兵の総数は274.6万人。そのうち中国本土にいた将兵の数は、陸軍が104.9万人、海軍が6.3万人だった。

生き残った日本軍将兵の数が、太平洋戦線に比べて中国戦線では圧倒的に多かったことから、日本海軍は太平洋戦争で負けたが日本陸軍は日中戦争で負けていなかったという言説が今日でも聞かれる。

また終戦時、ソ満国境では、満州に侵攻してきたソ連軍が日本軍を武装解除し、帰国させるとだまして、彼らを鉄道でシベリアへ送った(シベリア抑留)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)

×