餅もミカンも注意「カビは削れば食える」の危険

餅もミカンも注意「カビは削れば食える」の危険

カビが生えた部分を削って食べるのは避けたほうがいい理由を解説します(写真:ecobkk/PIXTA)

食品を放置すると、知らないうちに生えてくるカビは、口に入れても問題ないのか。例えば餅については、「カビの部分を削って食べれば大丈夫」という意見が戦前から一般的だったが、「それでは安全といえない」とカビの専門家である浜田信夫氏は指摘します。食品のカビの危険性について、浜田氏が解説します。

※本稿は浜田氏の近著『カビの取扱説明書』を一部抜粋・再構成したものです。

前回:健康被害ないけど気になる「スマホのカビ」生態

■カビの毒性に関する意識はなかなか変化しない

人々のカビへの対応に変化を感じるようになったのは、ここ20年くらいのことだろうか。「このカビはなにか健康被害を及ぼすカビですか」とよく聞かれるようになった。人体に健康被害を及ぼす代表は食品と住宅だが、食品と住宅では、カビによる健康被害がまったく異なる。

食品のカビによる被害は、食べてしまった時のカビ毒だ。一方、住宅のカビによる被害は、胞子を大量に吸い込んだ場合のアレルギー性の疾患と、体内でも生育するカビが起こす真菌症である。住宅に生えたカビは、人が舐めたりしない限り体内に入るわけではないから、カビ毒の有無は関係ないのである。

20年ほど前までは、年輩の主婦の方々は大半「餅のカビは食べても大丈夫」と思っていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×