隠れ暮らす「女性ホームレス」密着して見えた実態

隠れ暮らす「女性ホームレス」密着して見えた実態

女性ホームレスが暮らすテント。生活感があふれている(写真提供:丸山里美氏)

「女性の貧困」――。近年、注目されているテーマだが、2000年代初めから「女性ホームレス」に着目し、研究を続けてきた人がいる。京都大学大学院文学研究科准教授の丸山里美氏は7年間にわたって、東京と大阪で女性ホームレス33人へのフィールドワークを行い、問題点をあぶり出した。

「女性の貧困」の深淵とは何か、その実態を測る難しさはどこにあるのか。「ニッポンのすごい研究者」は今回、女性ホームレスの研究者にスポットを当てた。

■男性ホームレスとの大きな違いは「結婚歴」

――丸山さんが調査された女性ホームレスには、どんな特徴があるのでしょうか。

私の調査はサンプル数が33と少なく、聞き取りの方法や時期が統一されていないため、統計的な価値は高くありません。ただ、女性に特化した調査はこれまでほとんど実施されていません。

そこで女性ホームレスの特徴をつかむために、対象を男性に特化した厚生労働省の「ホームレスの実態に関する全国調査」(おおむね5年ごとに実施)の2007年版と、私が2003年から2009年にかけて実施した調査で比較しましょう。

厚労省の調査は野宿者のみを対象にし、私の調査は野宿者と施設居住者を対象にしています。

私は東京と大阪の路上で会った19人、東京の福祉施設で会った14人、計33人から生育家族や学歴、職歴、居住場所、同居人といった生活史を詳細に聞き取っています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×