北の湖も輩出「相撲王国・北海道」が凋落した理由

北の湖も輩出「相撲王国・北海道」が凋落した理由

denkei / PIXTA

横綱不在のなかで行われた大相撲5月場所。21場所ぶりに大関に復帰した照ノ富士が、大関同士の優勝決定戦を制して2場所連続優勝を果たした。

7月の名古屋場所は照ノ富士の綱取りがかかるうえ、進退をかける横綱・白鵬も登場するので一段と盛り上がりそうだ。

コロナ禍でも人気が衰えない大相撲の力士たちの出身地を調べてみた(データは日本相撲協会のHPを参照)。力士の総数は671人(5月場所時点)。日本勢は645人で海外勢が26人。多い順に、

1位 東京54人 2位 大阪36人 3位 兵庫/愛知33人 5位 千葉32人と、人口の多い大都市圏が上位を占めている。関取(幕内・十両の力士)に限って見ると、

幕内(総数42人)は 

1位 東京 4人 2位 兵庫/鹿児島 3人 十両(総数28人)は 

1位 東京 3人2位 北海道/大阪/熊本/鹿児島 2人となっている。

なお、19府県は出身関取がゼロである。一方、海外勢はモンゴル勢が圧倒的だ。唯一の横綱・白鵬を筆頭に幕内7人、十両4人で関取合計は11人。力士総数20人中の過半数が関取という強さ≠見せつけている。

■北海道出身の「関取」は2人だけ

そんな角界勢力図の中で、気になるのが北海道勢の元気のなさだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)