日本のワクチン支援の裏で政争が起きていた台湾

日本のワクチン支援の裏で政争が起きていた台湾

客室の窓を使い「平安」とライトアップした台北市内のホテル。新型コロナウイルス感染者の急増で内政が混乱している(写真・2021 Bloomberg Finance LP)

6月4日、日本から台湾へアストラゼネカ製ワクチン124万回分が無償提供された。現地では日本や日本人への感謝が鳴りやまず、蔡英文総統も日本語で感謝のツイートをトップに固定するなど、国全体が謝意を表明している。

しかし、これが実現する前の、5月28日、台湾中央感染症指揮センター(台湾CDC)指揮官の陳時中・衛生福利部長(厚生相)が、日本政府が自国のアストラゼネカ製ワクチンを提供する用意があるとの報道に対し、「もちろん歓迎する」と述べつつ、「時期は早いほうがいい」とも付け加えた。感染が急拡大している中、1本でも多くのワクチンを確保したい。そんな指揮官としての本音が出た一方、ワクチンが政治の駆け引き材料となり、政府と野党間の熾烈なやり取りがあらわになった。

■国民党「中国から輸入せよ」と政権批判

台湾では感染が抑えられていたこともあり、国民の間でワクチン接種への関心が高くなかったが、5月の感染拡大以降、急速に高まり、ワクチンに関するニュースが連日報じられるようになった。

そんな中、野党の中国国民党(国民党)が、中国製ワクチンの受け入れ攻勢を強めていった。感染が抑えられていた4月頃まで、「アストラゼネカ製ワクチンは、血栓問題があるから接種を控えよう」程度だったが、「中国製ワクチンを受け入れよ」そして「とにかくワクチンをよこせ」とトーンを徐々に高めていった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×