JO1の次は?韓国大手が吉本とタッグを組む真意

JO1の次は?韓国大手が吉本とタッグを組む真意

吉本と韓国大手"協業"の真意

JO1の次は?韓国大手が吉本とタッグを組む真意

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の行方は……?(写真提供:LAPONEエンタテインメント)

NiziUを輩出した2020年の「Nizi Project」など、アイドルオーディション番組がブームとなって久しい。

2019年には、韓国で人気を博した「PRODUCE 101」シリーズの日本版「PRODUCE 101 JAPAN」が開催された。吉本興業とCJ ENM、TBSテレビの協業で、盛り上がりを見せ、現在はその第2弾である「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」が放映中だ。

視聴者による投票システムで、101人の練習生のうち、最終的に上位11人がデビューする。日本各地の駅構内にはファンの自腹による「応援広告」が大量出稿されるなど、強力なファンコミュニティを持ち、メディア出演後は軒並みTwitterトレンド入り。シーズン1で誕生したグループ「JO1」は2020年3月のデビュー後、コロナ禍でも地上波露出を多数獲得し、成功事例となった。

このオーディションを主催する、LAPONEエンタテインメントの取締役 事業本部長の張赫珍(ジャン・ヒョクジン)氏と、吉本興業でコンテンツ事業を担当する神夏磯秀氏に、協業の背景や、これからの展望を聞いた(取材は5月末に実施)。

■なぜ吉本興業と韓国大手の協業が実現したのか

LAPONEエンタテインメントは、CJ ENMと吉本興業ホールディングスによる合弁会社。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×