「小林礼奈と中本」の騒動、本人や店じゃない元凶

「小林礼奈と中本」の騒動、本人や店じゃない元凶

ここまで騒動が大きくなってしまった構図を読み解くと、さまざまな歪みが見えてきます(写真:「小林礼奈のブーブーブログ」より)

「蒙古タンメン中本」騒動。このニュースや店名を知らない人は、「何のことやら」ではないでしょうか。しかし、騒動は6月5日からまもなく1週間になっても沈静化せず、ネット上にはさまざまな声が飛び交い続けています。

では、いったいどんな騒動で、何が原因なのか。それを掘り下げていくと、単に個人や店ではない問題点が浮かび上がってきます。

■小林礼奈さんのブログ投稿が端緒

事のはじまりはタレントの小林礼奈(こばやし・あやな)さんが6月5日に投稿したブログでした。前日の4日夜に、蒙古タンメン中本を訪れた際、「楽しくご飯を食べていたら、、、、、次に待っていた子連れファミリーの親に『遅えよ』って言われまして。しかもまだ食べている途中に」「それから店員さんが来て『すいません、次の方たちが待っているので』」と言われたことを告白。また、食事に30分ほどかかり、まだ途中だったにもかかわらず、居づらくなって退店せざるをえなかったことをつづりました。

これを複数のネットメディアが記事化したことで人々の目にふれ、ニュースのコメント欄やSNSには小林さんを擁護して店を非難する声と、小林さんが「店舗名を出して批判したこと」「混雑する店で写真を撮っていたこと」「回転の早い人気ラーメン店に30分以上いたこと」を批判する声で賛否両論。これに小林さんは反論し、批判の声を浴びせる人とやり合う形になりました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×