内定ゼロの地獄「意識高い系大学生」の悲痛な叫び

内定ゼロの地獄「意識高い系大学生」の悲痛な叫び

周りは次々と内定をもらい、就活に行き詰まっていた学生・神崎。ふと参加した学生向け起業セミナーで「人間投資家」三星大陽に出会う──

かつて世界中を席巻した日本的経営。三種の神器「終身雇用」「年功序列」「企業内組合」だけではもう戦えない! 昭和、平成、そして令和。新時代の働き方、その正解は?

50代、会社のお荷物。内定ゼロの売れ残り就活生。仕事未経験の専業主婦……。

生きづらさを抱える人々を「人間投資家」三星大陽はこう誘う──「スタートアップしよう!」。

“起業”を知れば“サラリーマン”の価値もわかる。大変革のいま、働くすべての人が、自分の人生を豊かに生きるための仕事術がここに!

■ゴールデンサークル

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)

×