中国ネット出前「美団」を脅かす独占禁止法の影

中国ネット出前「美団」を脅かす独占禁止法の影

ネット出前最大手の美団は、独占禁止法の調査を受けた(写真は同社ウェブサイトより)

5月28日、中国の生活サービス大手の美団(メイトゥアン)は 2021年1〜3月期の決算を発表した。売上高は370億2000万元(約6382億円)で、新型コロナウイルス禍中にあった前年同期と比べて2.2倍となった。ただし純損益は48億5000万元(約836億円)の赤字で、赤字額は前年の3倍に膨らんだ。

主力事業であるネット出前事業と旅行の予約代理事業がすでに黒字化している中、赤字幅拡大の主要因となっているのが地域コミュニティー向けの生鮮食品の共同購買サービス「美団優選」など新規事業への投資だ。「新規事業とその他の収入」の売上高は前年同期比2.36倍の99億元(1707億円)だったが、営業損益は80億元(約1379億円)の赤字で、赤字額は前年同期の5.89倍に拡大した。

ネット出前事業の売上高は、新型コロナ禍中の前年同期と比べて2.16倍の206億元(約3551億円)、営業損益は前年同期の71億元(約1224億円)の赤字から、11億元(約190億円)の黒字へと転換し、営業利益率も同マイナス0.7%から5.4%に上昇した。ただし、注文1件当たりの平均単価は前年同期比5.5%減だった。

ネット出前事業は総売上高の半分近くに貢献しているだけでなく、旅行の予約代理事業や前出の「美団優選」においても(ネット出前事業の巨大な顧客データが)重要な基盤となっている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)