「自分の思い通りにしたい」煩悩との付き合い方

「自分の思い通りにしたい」煩悩との付き合い方

人間には無意識のうちに自分の思い通りにしようとする心が(写真:topic_kong / PIXTA)

人生100年時代を幸せに生きるには、「プラス思考で生きるための転換力」が重要なようです。浄土真宗本願寺派 超勝寺の住職、大來尚順さんによる連載「人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩」。エンターテイメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けします。

当初はそんなつもりがなくても、無意識のうちに自分の思い通りにしようとする言動をとってしまっているということに、心当たりのある方もおられるのではないでしょうか。

例えば、新しくできた友人がいるとします。最初は優しく接しようと、大切にしようと心掛けていても、気が付けば自分の都合のよい枠に当てはめ、接し方も当初とは随分と違うものになってしまったということはありませんか。

その過程では、自分の思い通りにならないことでストレスが積り、それが伝線して相手との間に不穏な雰囲気が流れ、衝突が避けられなくなったということを経験したことのある方も多いと思います。

そして、いくら「こんなはずじゃなかった」と後悔や反省をしても、また同じことを繰り返してしまう自分に悩む方もおられるのではないでしょうか。

言い換えるならば、どうしても自分の思い通りにしたいという心が作動しまう自分に嫌悪感を持っているということです。

そのような方に気持ちを楽にしてもらえる考え方を紹介します。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)