世界のアニメ人材集結、Netflix「エデン」の舞台裏

世界のアニメ人材集結、Netflix「エデン」の舞台裏

Netflixで全世界独占配信されているオリジナルアニメシリーズ『エデン』。大きな運命に翻弄されながらも、互いを思いやる絆が心を揺さぶる感動SFファンタジーだ (画像:Netflix)

世界中に熱狂的なファンを多く生み出した『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』の入江泰浩監督の最新作となるNetflixオリジナルアニメシリーズ『エデン』が5月27日よりNetflixにて全世界独占配信されている。

本作のプロデューサーを務めるジャスティン・リーチは、アニメ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』シリーズの立ち上げメンバーとして参加するほか、『アイス・エイジ』シリーズも手がけているが、実は、2001年にProduction I.G初の外国人アニメーターとして押井守監督の映画『イノセンス』にCGクリエーターとして参加している。

日米のアニメ制作を熟知している人物といえるが、そんな彼が「最高のスタッフを集めれば最高のものができるんじゃないか」という熱い思いをもとに世界中のトップクリエーターたちを集め、本作品の制作に挑んでいる。

キャラクターデザインは『カウボーイビバップ』『機動戦士ガンダム』シリーズの川元利浩、コンセプトデザインは『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』などを手がけた日本在住のフランス人クリエーターのクリストフ・フェレラが務める。

また、アートディレクターに『上海バットマン』のクローバー・シェ、音楽に『メイドインアビス』のケビン・ペンキン、そしてアニメーション制作を『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』や『ヒックとドラゴン』シリーズを制作する台湾の制作会社CGCG が担当するなど、国際色豊かなスタッフ陣が集結している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)