マヨネーズ値上げの裏で始まる「ステルス値上げ」

マヨネーズ値上げの裏で始まる「ステルス値上げ」

キユーピーや味の素はマヨネーズの値上げに踏み切った。キユーピーの値上げは8年ぶりとなる(記者撮影)

7月1日以降、スーパーなどの店頭に並ぶマヨネーズの値段が順次上がる。値上げの主な理由は原料価格の高騰だ。

キユーピーは、容量などに応じて出荷価格で約2〜10%の値上げを行った。 主力商品『キユーピー マヨネーズ450g』の参考小売価格(税込み)は、378円から402円と6%上がる。味の素でも、家庭用・業務用のマヨネーズ製品の出荷価格を約1〜10%値上げした。

マヨネーズの主な原料である食用油価格の高騰を受けて、2社は値上げに踏み切った。価格高騰の背景には、原料となる大豆など穀物の世界的な供給不足がある。

中国など主産地の天候不順で生産量が減ったうえに、コロナ禍による渡航制限で労働力が不足し収穫量も減少。国際商品先物市場における大豆価格の高騰も要因として挙げられる。

なお、食用油と並ぶマヨネーズ主原料の鶏卵も価格が高騰している。国内における鳥インフルエンザの感染拡大で多くの鶏が殺処分されたことなどが原因だが、今後は羽数の回復に伴い価格も落ち着くと見られている。そのため、今回のマヨネーズの値上げ理由には含まれていない。

■値上げと値下げの繰返し

キユーピーでのマヨネーズ値上げは、2013年7月以来で8年ぶりのこと。前回の値上げも食用油の国際価格上昇が理由だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)