「やる気のない部下」を野放しにする上司の悪習慣

「やる気のない部下」を野放しにする上司の悪習慣

部下にやる気が感じられない……そんなとき、部下のやる気を上げようと間違ったアプローチをしていませんか(写真:ABC/PIXTA)

研修の企画・講師を年200回、トータル2000社、累計2万人を超えるビジネスリーダーの組織づくりに関わってきた組織開発コンサルタント・高野俊一氏による連載「その仕事、誰かに任せなさい!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

■部下にやる気がない! そんなとき、どうする?

はじめて部下を持つとき、その部下にやる気があったなら、どんなに素晴らしいことでしょう。

仮に能力がなかったとしても、やる気さえあれば、育てがいもあるというものです。

逆に、部下にやる気が感じられないと大変です。

途端に育成が難しくなり、毎日大いに頭を悩まされることになります。

実際、私もはじめて部下を持ったとき、部下からやる気が感じられず、ひどく苦しんだものです。

そのうえ、部下のやる気を引き出せていないのは、自分に「上司としての魅力」が足りないからではないかと、自らを責めて自信をなくしたりしていました。

皆さんはいかがでしょうか?

新任上司にとって、「部下のやる気」とどう向き合うかは、非常に重要なテーマです。

部下のやる気を引き出せない上司は、その後のビジネス人生でずっと苦しむことになりかねません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)