雑談や「何もしない」休憩で生産性が向上する訳

雑談や「何もしない」休憩で生産性が向上する訳

当たり前のように思える「時間の大切さ」。その本当の意味とは?: メディナス / PIXTA(ピクスタ)

ハーバード・ビジネススクールのアシスタントプロフェッサーにして、心理学者のアシュリー・ウィランズが書いた『TIME SMART(タイム・スマート)』。効率性一辺倒ではない、異色の時間術の本だ。「お金より時間が大事」「生産性向上はタイム・リッチ(時間的に裕福な状態)から」「まず、健康で幸福な生活を送る、その後、生産性・創造性が上がる」と説く。もちろん、心理学者だから、科学的な調査、統計データでその主張を裏付ける。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』『精神科医が教えるストレスフリー超大全』などベストセラーをもち、日本一情報を発信する精神科医、樺沢紫苑氏はどう読んだのか。

■高収入でも幸せそうでない人たち

世の中でいちばん大切なもの、それは時間です。お金や健康や、つながり、愛、承認など、ほかにもいろいろ大切なものはありますが、やはり大切なのは時間だと思います。時間があれば、働いてお金を稼ぐこともできるし、彼/彼女とデートをしてもっと仲良くなることもできる。ジョギングをして、健康を手に入れることもできる。つまり、時間はあらゆるものに置き換えることが可能なのです。

私が『TIME SMART』を読んでまず共感したのは、この「時間の大切さ」について語られていること。今年『精神科医が見つけた3つの幸福』(飛鳥新社)という本を出版したのですが、そこでも時間の大切さについて書いています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)