「SLの王者」D51形、日本全国を駆け巡った名場面

「SLの王者」D51形、日本全国を駆け巡った名場面

留萌本線を疾走するD51形蒸気機関車(撮影:南正時)

「日本の鉄道における名車とは?」そう問われれば、筆者はすかさず「デゴイチ」(D51形蒸気機関車)と答えるであろう。

なぜD51形が名車と言えるのか。理由はいくつもあるが、まずその生産台数である。総生産は1115両(海外輸出分を含めると1184両)という、我が国の機関車において最大の生産台数を誇った。また、機関士にも操作性と性能の良さから人気があり、現場からは「デゴイチ」の愛称で親しまれ、広く国内で見られた機関車であったことから国民にもその愛称で親しまれるようになり、蒸気機関車の代名詞にもなった。

では、そのような国民的機関車「デゴイチ」(D51形)は、どのような経緯で誕生し、日本国中を駆け巡ったのか。昭和40年代、全国のD51形を追った当時の思い出も交えて紹介しよう。

■戦前・戦中に誕生、戦後復興を牽引

戦前の1930年代は鉄道輸送量の増強が計画され、高性能の新形機関車が求められていた。そこで1936年から当時の鉄道省(国鉄)によって、主に貨物輸送増強のため製造されたのがD51形であった。同年から終戦の年である1945年までに1000両以上が製造され、戦時中は大量の貨物輸送、戦後においては復員列車や復興を担う貨物列車の牽引を担い、まさに戦後日本の経済復興を引っ張る力として大いに貢献した。

D51形の設計は、「新幹線生みの親」として知られる島秀雄氏によるものだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)