ひろゆき「怒られることはリスクでない」と語る訳

ひろゆき「怒られることはリスクでない」と語る訳

怒られてもまったく動じない「論破王」ひろゆきさんの考え方とは?(写真提供:朝日新聞出版)

舌鋒鋭い発言で知られ、時に“論破王”ともいわれるひろゆき氏。議論に強くなり、人間関係やコミュニケーションでストレスをためないためのコツを著書『論破力』から一部を抜粋・再構成して紹介します。

■地雷はいっそ踏めばいい?

何か人に理不尽に怒られたりトラブったりしたのがきっかけで、「人が怖くなった」とか言っている人がいますが、きっと「万人に好かれなきゃいけない」と思っているからなのでしょうね。

おいらはそもそも他人に興味がないので、みんなに好かれたいとも思わない。嫌われたら嫌われたで、「あ、そうっすねー」です。

なので、そういう意味では人を怖いとか思ったことはありません。もちろん、理不尽なことで怒られることはけっこうあります。

たとえば、メールアドレスのTOの欄の順番で「自分が後ろになっているのは失礼だ」とすごく怒った人がいました。ビジネスマナー本とかには書いてあるのかもしれませんが、実際にはわりと珍しい「地雷」なので、「へぇー、本当にあるんだ」と思って、逆に感心してしまいました。

どこに埋まっているかわからない地雷なら、いっそいっぱい踏めばいいのではないでしょうか。

同じ過ちを繰り返すのは論外として、同じ過ちさえ繰り返さなければ、めちゃくちゃ珍しい地雷以外はそんなに踏まなくなると思うのですよ。そうなると、めちゃくちゃ珍しい地雷を踏んだときには、むしろ「笑い話」にできるじゃないですか。

その話を聞いたみんながみんな「怒られて当然、あなたが悪いよ」と言うようなことは普通していないはずなので、そういう珍しい地雷は、面白ネタになると思います。

その意味では、笑ってくれる仲間がいるかどうかのほうが重要なのかもしれませんね。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)