3年かけ発掘「地味すぎる沈没船」調査の舞台裏

3年かけ発掘「地味すぎる沈没船」調査の舞台裏

水中考古学をご存じでしょうか? アドリア海で行われた調査の様子をお届けします(写真:yazawa /PIXTA)

ユネスコの試算によると、世界の海には300万隻の船が沈没しているといいます。海底に眠る船体や積み荷を発掘し、過去の人々の生活をひも解く――それが、水中考古学です。山舩晃太郎氏(37)はアメリカで博士号を取り、専門家として世界の海でフィールドワークをおこなっています。発掘現場の驚きと発見を描いた山舩氏の初著書『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』から一部抜粋・再編集して2回にわたりお届けします。

大小さまざまな島が点在するアドリア海で約400年前に沈没した「グナリッチ沈没船」の50年ぶりの水中発掘の調査に入った山舩氏(1回目:『沈没船博士挑む400年前の船ハラハラの発掘調査』)。水中考古学の世界的権威、フィリップ・カストロ教授らとともに、発掘の現場で、「キール(竜骨)」という船の背骨ともいえる重要部位を探しますが、なかなか見つけることができません。探し始めて3年目に突入した2014年の夏――。ついに、キール発見なるか‥‥?

■行きづまる発掘現場

毎日掘れど探せど、全くキールに行き当たらない。

「何かがおかしい!」

実は、2013年の発掘シーズン半ばから、私は徐々にそう感じるようになっていた。2年も発掘しているにもかかわらず、肝心の「キール」がまったく見つからないのだ。実測図を基にしているのに、こんなに長期間見つけられないのは、正直、異常だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)