意外?都道府県のJR代表駅「乗車人員」ランキング

意外?都道府県のJR代表駅「乗車人員」ランキング

JR札幌駅。200万人に迫る人口を抱える札幌市の代表駅でありながら、ほかの大都市ほど利用者は多くない。その理由は?(写真:まちゃー/PIXTA)

沖縄県を除く全国46都道府県にJRの駅がある。では、都道府県を代表する駅の利用状況はどうなっているのだろうか。そこで、都道府県庁が所在する市にある代表的なJR駅を1駅選んでその乗車人員を調べてみた。

最新データは新型コロナの影響を大きく受けているので、影響が軽微な2019年度の数値を用いている。ただし、2019年度のデータが得られなかった一部の駅では2018年度のデータを用いた。東京都を代表する駅として都庁の最寄り駅である新宿駅を用いたが、そのほかの道府県については、JR時刻表の「都道府県庁所在市駅代表駅」に基づく。なお、京都駅はJR西日本、博多駅はJR九州の数値を使用している。

1日乗車人員が多い駅の上位の顔ぶれを見ると、都道府県庁が所在する自治体の人口が多い駅がずらりと並ぶ。1位は新宿駅で1日に77万人が利用する。JR時刻表が東京都の代表駅と定める東京駅(JR東日本)を用いても、1日乗車人員46万人で1位は変わらない。

以下、2位大阪駅、3位横浜駅、4位名古屋駅、5位京都駅と続く。

■人口が200万人に迫る札幌市、駅利用者は少なめ

札幌市の人口は195万人で福岡市や京都市を上回る人口を誇る。にもかかわらず、札幌駅の順位は8位で京都駅や博多駅を下回る。市の人口が多い割には駅の利用者が少ない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)