朝から上機嫌な人がやっている簡単「4つの習慣」

朝から上機嫌な人がやっている簡単「4つの習慣」

朝から上機嫌な人の習慣4つ

朝から上機嫌な人がやっている簡単「4つの習慣」

朝、目覚めたあと、どんな行動から1日のスタートを切っていますか? 朝の時間を充実させると自己肯定感が上がります(写真:YAMATO/PIXTA)

朝の時間を充実させると、1日の始まりが楽しくなり、自己肯定感が上がります。中島輝氏の新刊『習慣化は自己肯定感が10割』より一部抜粋・再構成してお届けします。

■朝のゴールデンタイムをどう過ごしていますか?

あなたは毎朝、目覚めたあと、どんな行動から1日のスタートを切っていますか?

脳神経科学の研究で目覚めてから2〜3時間は「朝のゴールデンタイム」であると指摘されています。この時間帯、私たちの集中力は高まり、クリエイティブな作業に向いているのです。

新型コロナウイルスによる生活様式の変化で、私たちは生活習慣を変えるしかない状況を経験しました。自宅からの外出が制限されて、学校の授業もオンライン、企業でも在宅勤務が進み、ここまで一気に今までのやり方を変えなければならないのは生まれてはじめてのことだったのではないでしょうか。

でも、働く人たちの声を聞くと、生活様式の変化は悪いことばかりではないようです。

特に都市部のオフィスで働く人たちを中心にテレワーク化が進められるようになったことで、長年、我慢してきた満員の通勤電車から解放されたという声を多く聞きます。

実は、ちょうど通勤にぶつかる朝の時間は「朝のゴールデンタイム」と重なっていました。

この時間を満員電車や交通渋滞の中で消耗するのは、とてももったいないことです。しかし、多くのオフィスワーカーは仕方ないこととして受け入れていました。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)