「死ぬまで低賃金」を嘆く56歳元専業主婦の貧困

「死ぬまで低賃金」を嘆く56歳元専業主婦の貧困

低賃金嘆く元主婦が怒り吐露

「死ぬまで低賃金」を嘆く56歳元専業主婦の貧困

50代で亡くなった夫と行こうと言っていた鎌倉の海で(吉田さん提供)

この連載では、女性、とくに単身女性と母子家庭貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。

今回紹介するのは、「真面目に一生懸命生きてきました。コロナでひとり親には、給付金が何度も出るのに腹が立ちます」と編集部にメールをくれた56歳の女性だ。

■雇用はなにより大きなセーフティーネット

大企業のリストラが加速しているようだ。コロナによる業績悪化で非正規だけではなく、正社員切りがはじまり、40代後半である筆者の周囲でも、本人が望んでいない早期退職、希望退職をチラホラ耳にする。男性優位社会の日本では、十数年の時間を費やして女性の貧困が深刻化している。これから、これまで悠々自適だった中年男性たちも、女性たちと同じ境遇になるということだ。

雇用はなにより大きなセーフティーネットである。それを奪われると生活や人間関係が壊れたり、家庭が崩壊したり、最悪死を招いたりする。これまで女性と比べて優遇された男性たちは、苦しむ女性たちに自己責任を押しつけてきた。これからはじまる中年男性の貧困化において、少なくとも女性たちと同じように放置される可能性が高いだろう。

筆者は多くの企業がリストラ対象とする団塊ジュニア世代である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)