iPhoneより大きく進化する「iPadOS 15」の新機能

iPhoneより大きく進化する「iPadOS 15」の新機能

ホーム画面にウィジェットを配置できるようになり、情報を集約しやすくなった(筆者撮影)

7月1日にパブリックβ版が公開されたiPadOS 15だが、ユーザーインターフェイスの変化の大きさや新機能の多さはiOS 15以上だ。iOSと同様、iPadOSでもウィジェットをアプリのアイコンと並べてホーム画面上に配置できるようになったほか、インストールしたすべてのアプリを格納しておくための「Appライブラリ」にも対応。iPhoneと同様、iPadOSでもホーム画面の使い方が大きく変わることになる。

iPadならではの大画面を生かしたマルチタスキングも、iPadOS 15で進化する。画面を分割して2つのアプリを表示する「Split View」や、メインで表示しているアプリの上に小さく表示したアプリを重ねる「Slide Over」を、従来以上に呼び出しやすくなっている。PCと比べ、複数アプリを同時利用する際の手順が面倒だったiPadだが、iPadOS 15でこれが大きく改善される。

既存の機能の日本語対応が進むのも、iPadOS 15のトピックの1つ。iPadOS 14で導入された手書き文字を認識する「スクリブル」が、ついに日本語で利用できるようになった。そんなiPadOSならではの注目の新機能を、パブリックβ版に基づいて紹介していきたい。なお、本来パブリックβ版は動作検証を目的としており、画面の公開は禁止されているが、本稿では取材に基づく特別な許可を得て掲載している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)