ゴキブリを見て「不潔な生物」と逃げる人の勘違い

ゴキブリを見て「不潔な生物」と逃げる人の勘違い

なぜ人は彼らを恐ろしく感じるのか?(イラスト:ゆりゆりのゆり/PIXTA)

気配を感じるだけでおぞましいゴキブリの存在。でも、生まれ育った環境が違えば、まったく恐れを抱かず、中には食べてしまう人も……。いったい、人はなぜ彼らの存在を気味悪く思うのか? 精神科医の和田秀樹氏による新書『ストレスの9割は「脳の錯覚」』より一部抜粋・再構成してお届けします。

ストレスの9割は、「脳の錯覚」――。そう聞いて「そのとおり!」と、すぐに納得できる人は少ないかもしれません。

「だってストレスの原因はちゃんと現実にそこにあるし、そのせいで実際に私は今、苦しんでいるんだから!」

パワハラ上司に、やってもやっても終わらない仕事に、家事をしてくれない夫に、迷惑なご近所さんに、いつまでも終わらないコロナに……。原因は、「外」にあるじゃないか、と。そう思いますよね?

■ゴキブリへの恐怖感は「刷り込み」にすぎない

でもちょっと、聞いてください。いきなりこんな話で申し訳ないですが、私はゴキブリが大嫌いです。家にゴキブリが出たら、大声を上げてビビって逃げ回ります。私は、虫が少ない都市部で生まれ育ったので、滅多にゴキブリを見る機会がなく、いまだに「ゴキブリは恐ろしいもの」なのです。

ところが私の妻は、生まれ育った環境のせいか、虫なんてまるで平気。「あら、こんなの、なにが怖いの?」と、えいっ!と叩き殺してしまいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)